マンション投資が生命保険代わりになる?

大事な家族を守るために生命保険に加入している人は多いと思います。しかし、支払っている保険料は本当に適正な保険料なのでしょうか?毎月支払っている保険料が削減できれば家庭にとってもうれしいこと。

1 生命保険に関する全国実態調査*の分析

 

生命保険の実態はどうなっているのでしょうか?今回は公益財団法人 生命保険文化センターが昭和40年から3年ごとに行っている「生命保険に関する全国実態調査」を調査・分析していきたいと思います。

 

*参考:公益財団法人 生命保険文化センターHP

http://www.jili.or.jp/research/report/zenkokujittai.html

 

生命保険の基本情報

調査内容 調査結果
生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率 88.7%
普通死亡保険金額平均 2,255万円
若年層(29歳以下)の民保の世帯加入率 72.2%(8.4ポイント増加)
医療保険の加入率 88.5%
生活障害・就業不能保障保険の加入率 12.0%
世帯年間払込保険料平均 38.2万円

 

調査結果から生命保険加入率は88.7%と非常に高い割合であることが分かります。また医療保険の加入率も88.5%となっており、多くの層が生命保険と医療保険の両方に加入していることが分かります。

また世帯年間払込保険料は平均が38.2万円と月額換算で31,833円となっていることが分かります。

 

2 マンション投資の生命保険効果とは?

 

上記の調査結果から、1世帯当たり月額平均31,833円もの保険料金を支払っていることが分かりました。この金額は教育費以上の金額です。このような高額の保険料金を支払うことは適正と言えるのでしょうか?

マンション経営には、生命保険の持つ機能と似た特徴があります。一般的な生命保険商品とどちらがより望ましいのか、以下で比較・検討してみましょう。

 

■ 終身保険とマンション経営を比べると?

終身保険とは、被保険者が亡くなった場合、または所定の高度障害状態になった場合に保険金が支払われる死亡保険です。

 

 

 

■ 団体信用生命保険とは・・・

住宅ローンの融資を受けている本人が亡くなった場合や重度の障害を負った場合、残りのローン返済額を保険会社が担う保険。

 

 

団体信用生命保険に加入していると、万が一の際にはローンを返済する必要が無くなり、土地、建物が資産として残ることになります。その後も家賃収入はそのまま受け取れるので、残されたご家族の生活を保障することができます。

 

3 定期保険とマンション経営を比べると?

 

① 定期保険

定期保険が満期になり高齢で再契約する場合、例えば60歳での再契約だと、40歳時での加入に比べて約 4倍の掛け金が必要です。また、払い込んだ保険料は掛け捨てになりますので、何もなければ保険料は払い損になってしまいます。

 

 

② マンション経営

都心の毎月安定して入る賃料収入でローン返済を進めていきますので、安定的な支払いの中で運用することができます。金利変動があってもローンの返済額は5年間変わりませんので安心です。

 

 

都心の中古マンションは賃貸需要が高く、賃料は下落しづらく空室率も低いのが特徴です。約98%の賃貸稼働率で運用していくことで、逆に家賃がローン支払額を上回り、生命保険の保険料のように毎月支払って死亡保証を作るのではなく、お金を積み立てながら保障を取ることができるのです。

マンション経営と生命保険のどちらがより効率の良い投資かはご理解いただけると思います。

弊社では、Line@にご登録いただいた会員様のみ、未公開の都心マンション情報やマンション投資における有益情報を定期的に配信しています。お早めにご登録ください!

 

Follow me!

おすすめの記事