住宅ローンが支払えない!~借金問題から解放される魔法のシステムとは?

急なリストラや病気にけがなど、ライフプランが急激に変化してしまう問題が生じるのが人生です。そのような急に収入が激減するような事態に直面した場合、住宅ローンを支払うことが困難になるのは当然のことです。

今回は住宅ローンが支払えないといった事態に直面した場合に借金問題から解放される魔法のシステム「任意売却」をご紹介していきたいと思います。

住宅ローンの滞納問題に明るい兆しが見えること請け合いです!

1 なぜ住宅ローンの支払いができなくなるのか?

一般的に住宅ローンを組む時には金融機関の厳しい審査を受けて、「住宅ローンの支払い能力がある」と認められた後、住宅ローンを組みます。なのに、なぜ住宅ローンを滞納してしまうような事態に直面してしまうのでしょうか?

                 

≪住宅ローンが支払えなくなってしまう事例≫

・急なリストラや会社の倒産

・病気やケガで仕事ができなくなる

・転職後、給料が激減してしまった場合

・離婚によるケース

・相続によるケース

・購入時に無理をして住宅ローンを組んでしまった場合

・予定外の出費が発生した場合

・パートナーの浪費癖

 

このように、様々な要因で住宅ローンの支払いができなくなることがあります。住宅ローンの滞納問題は誰にでも起こりうる問題なのです。

2 住宅ローンを滞納したら、どうなってしまうのか?

住宅ローンを滞納したら、いったいどうなるのでしょうか?結論から申し上げますと、裁判所によって家が競売にかけられ、売却後家を強制退去しなければいけなくなります。ここでは、住宅ローンを滞納した場合どうなるのかを、ご説明していきます。

 

滞納からの期間 滞納から競売までの流れ
3か月 金融機関から催告書や督促状が届く。

3か月以上滞納状態を放置すると、ブラックリストに掲載される。

~半年 期限に利益の喪失により、ローン残債の一括払いを請求される。
9か月 保証会社が金融機関にローンを代位弁済する。また保証会社から競売を申し立てられる。
1 裁判所が現地量差を行い、その後「競売入札開始」の連絡が届く。
1年半 競売完了→強制立ち退き

 

上記のように、住宅ローンを滞納してから1年半で家を失ってしまうことになります。

 

≪競売後に起こる状況≫        

ⅰ 住む場所がなくなる

裁判所による強制処分によって、家から強制的に退去させられてしまいます。具体的には、住む場所が瞬時に奪われてしまいます。

 

ⅱ 借金を抱える

ローン残債が競売売却代金よりも多い場合、その借金を抱えてしまうことになります。ですから、新たな借金問題を抱えることになるため、借金のループから抜け出せなくなってしまいます。

 

これでは、競売にかけられてしまった場合、新たな人生も踏み出せないどころか、ホームレスになってしまいかねません。

このため、住宅ローンを滞納してしまった方々のための救済制度が用意されています。事項では、この魔法の救済システムをご紹介していきます。

3 借金問題から解放される魔法のシステムとは?

さまざまな理由から住宅ローンを滞納もしくは支払えなくなるケースが存在します。そうした場合、競売からの借金地獄のループしか、解決策はないのでしょうか?そんなことはないのです!

ここでは、住宅ローンを滞納してしまった方々が新たな人生を踏み出すための魔法の救済システム「任意売却」をご紹介していきます。

 

① 「任意売却」とは?

任意売却とは、住宅ローンの返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法のことです。

 

② 「任意売却」でできること

ⅰ 売却後も住宅ローンの残債が残る不動産物件でも売却することができる

通常マイホームは金融機関が抵当権を設定しているため、住宅ローンの残債が残っている場合、物件を売却することはできません。任意売却の場合、任意売却の専門家が金融機関と交渉し、物件を売却に導くことができます。

 

ⅱ 費用の持ち出しがなくても、任意売却を利用することができる

任意売却を利用する方はお金に余裕がないのが一般的です。そのため、新規で任意売却に関する費用を要求されることはありません。ですから、安心して任意売却を利用することができます。

 

ⅲ 市価で売却することができる

任意売却では通常の販売方法で物件を売却するため、競売よりも高く売却することが可能です。

 

ⅳ ご近所に知られることがない

任意売却は通常の物件売却と同じ方法で売却されるため、ご近所にローンの滞納などの情報を知られることがありません。

 

ⅴ 任せきりで楽々

任意売却に場合、任意売却の専門家がすべてを取り仕切ってくれるため、特別何かしなければいけないことはありません。ですから、仕事に支障が出ることもありません。

 

ⅵ 新生活への好スタートがきれる

任意売却では、同時に住宅ローンの残債に関しても、話し合ってもらえます。多くの場合は月々の支払金額が5,000円~10,000円程度になり、新生活を送りやすくなります。また、場合によっては引っ越し費用ももらえるケースがあります。

 

住宅ローンの滞納問題は、任意売却の専門家にお任せすることで、解決できる問題です。

 

✓ 住宅ローンを滞納し、金融機関方督促状が届いている

✓ 何らかの理由で今後住宅ローンを支払うことができない

✓ 離婚で住宅ローンを支払うことができなくなってしまう

✓ ローン付きの物件を相続したが、自分のマイホームと二重ローンになってしまい、ローンの支払いが苦しい

 

こういったお悩みを抱えている方は、ぜひ弊社にご相談ください。任意売却の専門家が借金問題を解決する方策を提供させていただきます。

 

 

Follow me!

おすすめの記事