少子高齢化社会の進展に伴い、女性の社会進出が加速しています。今回は女性の社会進出が今後も加速する要因をご紹介しつつ、家庭と仕事を両立する必殺アイテム「L型キッチン」の魅力をご紹介していきたいと思います。

1 女性の社会進出が加速する要因

女性の社会進出が加速し「専業主婦」が死語になりつつある日本。ここではなぜ女性の社会進出が加速しているのかを解説していきたいと思います。

 

① 政府の助成金*

政府の働き方改革の推進は政府の「助成金」という形で具体化しています。

 

≪仕事と家庭の両立に取り組む場合の助成金一覧≫

事業所内保育施設を設置・増設・運営 両立支援等助成金・事業所内保育施設コース
男性労働者が育児休業を取得 両立支援等助成金・出生時両立支援コース
仕事と介護の両立支援に関しての取り組み 両立支援等助成金・介護離職防止支援コース
「育休復帰支援・支援プラン」を策定・導入し、労働者に育児休業を取得させ、原職等に復帰させた場合 両立支援等助成金・育児休業等支援コース
育児・介護等を理由とした退職者の復職支援への取組 両立支援等助成金・再雇用者評価処遇コース
女性が活躍しやすい職場環境を整備し、目標を達成した場合 両立支援等助成金・女性活躍加速化コース

 

上記のように政府は本腰を入れて女性の社会進出を後押ししています。ですから今後さらに女性の社会進出が加速していくものと考えられます。

 

*参考:厚生労働省HP「事業主の方のための雇用関係助成金」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000157912.html

 

② 両立支援等助成金・女性活躍加速化コースとは?

*参考:厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ryouritsu01/dl/jyoseikatsuyaku_pamphlet.pdf#search='%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%81%B7+%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91'

 

女性活躍推進法に基づき導入された、両立支援等助成金・女性活躍加速化コースの助成金支給内容は下記になります。

≪支給金額≫

ⅰ 加速化Aコース

28.5万円(36万円)

 

ⅱ 加速化Nコース

28.5万円(36万円)

*女性管理職の比率を基準値以上に上昇させた場合、中小企業では47.8万円(60万円)、中小企業以外の場合は28.5万円(36万円)助成金が支給されます。

 

女性管理職の比率を上昇させるだけで補助金がもらえます。ですから今後女性管理職の比率が上がっていくと推測されます。

 

2 家庭と仕事を両立する必殺アイテム「L型キッチン」の魅力

参考:Panasonic HP

http://sumai.panasonic.jp/kitchen/set_plan/detail.php?id=l-class09

 

女性の社会進出に伴い、キッチンも「共働き」使用にする必要性が高くなります。今回は家庭と仕事を両立する必殺アイテム「L型キッチン」の魅力をご紹介していきたいと思います。

 

① 「L型キッチン」が共働き家庭にオススメな理由

L型キッチン」は基本的にコンロとシンクが90度で向かい合う形のキッチンです。そのため、コンロと水回りの分担作業がしやすい形状です。また「L型キッチン」は作業スペースを大きくとることができるため、2人で作業しやすいキッチンといえます。

このため「L型キッチン」は共働きの家庭向きのキッチンであるといえます。

 

② 「L型キッチン」具体的活用例

L型キッチン」を採用することで調理や後片付けの時間を短縮することができます。

 

・調理

一人がコンロで調理を行いながら、もう一人がシンクで材料を切ったり、調理器具の後片付けを行うことができるため時短クッキングが可能になります。

 

・後片付け

L型キッチン」は作業スペースもたっぷりあるため、後片付けも分担作業で時短することができます。

 

・一人で調理する場合

L型キッチン」はコンロとシンクが90度で向かい合っているため、距離を移動することなく(横を向くだけ)でシンクでの作業をしながらコンロで調理することができます。このため一人で調理する場合でも時短クッキングが可能です。

 

見てきたように「L型キッチン」は調理時間を短縮するための機能が満載されたキッチンのため、共働き家庭にピッタリのキッチンであるといえます。

 

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジン登録

おすすめの記事