「不動産投資をしてみたいけど、なにに投資したらよいのかわからない」そういった不動産投資初心者の方も多いと思います。そこで一つご提案があります。駐車場投資から不動産投資を始めてみませんか?

今回はまさに不動産投資初心者にピッタリの物件である「駐車場」についてご紹介していきたいと思います。

 

1 駐車場投資の魅力とは?

初期費用が安く、ローリスクな駐車場投資は不動産投資初心者向けの物件であるといえます。ここでは駐車場投資の魅力をご紹介していきたいと思います。

① 初期費用が安く済む

駐車場投資の最大の魅力は初期費用が安く済む点にあります。アパート経営などの場合は土地を購入してから、その上にアパートを建設しなければなりません。建設費用は平均的に4,000万円~5,000万円といわれています。その点駐車場なら、なにも建物を建てる必要がありません。初期費用が掛からないため、投資で失敗する確率が減少します。

また、立体式駐車場を建てる場合でも、キッチンや洗面台にエアコン…と居住用住宅にかかるコストは全く必要ないため、安上がりに建設することが可能です。

 

② 転売しやすい

駐車場の場合、ただの更地ですので転売しやすいというメリットがあります。ですから何らかの事情で駐車場経営をやめる場合でも、比較的早期に物件を処分することが可能です。また駐車場の場合「借地借家法」の適用対象外になっています。ですから、事前の通告のみで利用者に立ち退きしてもらうことができるため、転売する際にトラブルが発生することもありません。

 

③ 転用が簡単

駐車場は事前の通告のみで利用者に立ち退きしてもらうことができるため、マンションやアパート建設・売却・自宅の建設などほかの用途に簡単に転用することができます。ですから、「とりあえず、駐車場にしておこう」と土地の用途が決まるまで気軽に駐車場にしておくことが可能です。

 

④ 比較的立地を選ばない

駐車場の需要は繁華街やオフィス街だけではありません。車が一家に1台の時代ではなく、家族人数分の車を所有している世帯も普通に存在します。ですから、どこの住宅街でも駐車場の需要は存在します。このため、駐車場経営は立地を比較的選ぶことがないビジネスであるといえます。

2 駐車場投資が不動産投資初心者に最適な理由

なぜ駐車場投資が不動産投資初心者に最適なのでしょうか?

 

① リスクが低い

駐車場経営は一般的にローリスク・ローリターンといわれています。ですから、最初の投資物件として失敗するリスクが低い駐車場経営は不動産投資慣れするために最適の物件であるといえます。

 

② 手間がかからない

駐車場経営は週に1度掃除するくらいで、手間がかかりません。ですから投資初心者でもとっつきやすい投資分野だといえます。

 

③ 転用が簡単

駐車場はアパート建設など、他の用途に鞍替えすることが簡単です。ですから「とりあえず」リスクの低い駐車場経営から不動産投資を始めて、慣れてきたらほかの物件に鞍替えすることも可能です。

3 駐車場投資の注意点

投資リスクが低く転用が簡単な駐車場経営ですが、デメリットも存在します。ここでは駐車場経営にけるデメリットを解説していきたいと思います。

 

① リターンが低い

駐車場の場合、上物がないため固定資産税は更地評価になります。そのため固定資産税・都市計画税の軽減対象外になります。よって駐車場経営は利回りが低くなる傾向があります。

 

② 減価償却費を利用できない

駐車場の場合、不動産投資の「節税」にかかわる便利アイテムである減価償却費を活用することができません。平面駐車場の場合は上物がないため減価償却費の余地はありません。また立体駐車場でも建物の建設費用が安いため、減価償却費の恩恵をあまり受けることができません。

 

今回は不動産投資初心者にピッタリの物件である「駐車場」についてご紹介してきました。まずは投資リスクの低い安全で堅実な駐車場投資から不動産投資をはじめてみませんか。

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジン登録

おすすめの記事