不動産投資というと、マンション・アパート・戸建住宅などが一般的です。しかし、不動産物件は幅広い種類が存在しています。中でも近年「倉庫」投資がひそかなブームになっているのはご存知でしょうか?今回は目ざとい投資家が物色をし始めている「倉庫」投資についてご紹介していきたいと思います。

 

1 倉庫投資が激熱なワケ

倉庫は一般的な物品の保管管理施設だけではなく、様々な可能性を秘めた建物です。ここでは倉庫投資が激熱なワケをご紹介していきたいと思います。

 

① 利回りが高い

倉庫はもともとただの「箱」です。ですから、一般的な居住用物件と違いメンテナンス費用が非常に安く済みます。このため当然利回りが高くなることが倉庫投資最大のメリットといえましょう。

② 立地を選ばない

居住用物件の場合生活する主軸になる物件ですので、駅からの距離や生活環境施設の有無が重要視されます。しかし倉庫の場合は業務で利用されるため、立地はあまり重要視されません。

③ 貸借人が長く借りるケースが多い

倉庫の場合業務利用で倉庫を借りるケースが大半ですので、いったん借り手がつくと長く安定した家賃収入を得ることが可能です。また、借り手が長く借りてくれるため、借り手の入れ替え時にかかるリフォーム費用も削減することができ一石二鳥です。

④ 場合によってはリフォームすら必要なし

倉庫の場合、借り手である企業が自社の利用状況に応じて内装を自己負担で替えるケースが多くなっています。事例によっては、倉庫を借りる業者が入れ替わるたびに、倉庫がリノベーションされ、物件価値が高くなったというケースも存在します。

このように倉庫は貸す側の費用負担が非常に安い(場合によっては0円)ことがメリットとして挙げられます。

 

2 倉庫の可能性

利回りが高く投資価値が高い倉庫投資。実は倉庫には無限の可能性があるのです。今回は倉庫の様々な利用方法をご紹介していきたいと思います。

① おしゃれなカフェに

倉庫を改装しておしゃれなカフェを経営することもできます。倉庫という利点を活かして、生のバンド演奏やダンスホールも併設したりと、アイディア次第でいくらでも自分好みのカフェにすることができます。

② スポーツ施設に

倉庫は天井が高く余分な柱がないことが特徴です。ですから屋内のスポーツ施設としても利用することができます。

③ 車のショールームに

倉庫は余分な柱がないため、そのまま車両を乗り入れることも可能です。ですから、屋内型の車のショールームとしても利用することができます。

④ 事務所兼倉庫

倉庫を一部改装して事務所として利用するとこで、固定費を削減することができます。

 

見てきたように、倉庫は物品の保管所だけに利用される物件ではありません。アイディア次第で何にでも活用できる魔法の空間なのです。

 

3 倉庫投資の注意点

 

利回りが高く、無限の可能性を秘める倉庫ですが、当然リスクも存在します。ここでは倉庫投資で注意すべきポイントをご紹介していきたいと思います。

 

① 会社の突然の倒産で思わぬ被害が出ることも

倉庫は基本的に企業に貸し出します。企業が倉庫内に様々な物品を置いたまま「倒産」することも考えられます。その場合、物品の撤去費用が発生することも考えられます。

こうした不測の損害に備えて、保証金などの担保をしっかりと設定するようにしましょう。

② 倉庫物件では物件探しの基準が異なる

一般的なマンションや戸建て住宅などの居住用物件と倉庫は物件探しの基準が異なります。特に下記に注意しましょう。

 

ⅰ 隣接する道路状況

倉庫は大型の荷物などの搬入を頻繁に行うことが多いため、隣接する道路はトラックが入ることができるのかなどしっかりと搬入通路をチェックしましょう。

 

ⅱ 立地環境

倉庫は業務利用が多いため、住宅地に隣接していたりする場合、利用に制限が入ることがあります。事前に立地環境を確認しておきましょう。

今回は「倉庫」投資についてご紹介してきました。利回りが高く、比較的長期で安定した収益を上げることができる倉庫投資は大変魅力的な投資物件です。居住用物件だけではなく、倉庫も投資先として検討してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジン登録

おすすめの記事