1.はじめに

サラリーマンの副業が推進されている時代。

 

本業とは別の収入源として、不動産投資を検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

「不動産投資に興味があるけど、良く分からない」

 

と言う方のために、今回は不動産投資のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

不動産投資について理解を深めて、始めることにより、サラリーマンの方にとって有効な収益源となりますので、ぜひ最後までご確認ください。

2.サラリーマンが不動産投資をするメリットとデメリット

それではサラリーマンが不動産投資をするメリットとデメリットはそれぞれ何が挙げられるのでしょうか?

①メリット

 

ⅰ、金融機関から融資を受けやすい

 

不動産投資を行う場合は、金融機関から融資を受けて行う場合が多いですが。サラリーマンは金融機関からお金を借りやすいです。

 

なぜならサラリーマンは金融機関からの評価が高いからです。

金融機関が融資を行うかどうか判断する場合は、借りる人に返済能力があるか確認されます。

 

そして返済能力の有無を判断するときに、借りる人の勤め先や、勤続年数、年収などを確認されるため、サラリーマン(特に上場企業)は自営業などと比べて有利と言えます。

 

ⅱ、インカムゲインを得ることができる

 

不動産投資を行うことにより、毎月の家賃収入というインカムゲインを得ることができます。

しかも不動産収入は、FXや株式のように今後の動向について様々な調査をすることなく、収入を得ることが可能です。

 

サラリーマンの場合でも、管理などを外部業者に委託・外注したりすることができるため、本業への影響も減らすことができます。

 

また、老後も毎月の家賃収入を得ることにより、年金以外にも年金のような収入を得る手段として有効です。

 

ⅲ、税金対策にも使える

 

不動産投資による賃貸収入があると、サラリーマンの給与収入と「損益通算」を行うことにより、所得税や・住民税の額を減らせる可能性があります。

 

所得税や住民税は、その年の所得(収入の全てから所得控除を引いたもの)の額により変わります。

そして、不動産投資による所得が赤字の場合、給与所得と合算することにより、その年の所得を減額することができるため、税金の額を少なくすることができます。

 

損益通算を行う場合は、確定申告を行う必要があり、勤務先の源泉徴収では行えないため注意しましょう。

 

②デメリット

Ⅰ、投資の規模が膨らみすぎる可能性がある

 

サラリーマンの場合は、金融機関からお金を借りやすいため、投資する金額には注意しないと、規模が膨らみすぎる可能性があります。

 

そもそも、不動産投資の投資金額は、株式やFXなどと比較しても、大きな金額になる場合が多いです。

不動産の価値にもよりますが、投資金額は数百万円〜数千万円、場合によっては数億円にのぼるケースがあります。

 

株式やFXに比べて、簡単に売却できないため、注意が必要です。

 

ⅱ、空室や家賃滞納により家賃収入が減る場合がある

 

マンションやアパートの不動産収入は、入居者が家賃を支払うことによって、収入を得ることができるので、空室や家賃滞納が発生した場合は、家賃収入が減ってしまいます。

 

そのため、不動産投資を行う際は、空室が発生しにくいような物件を選ぶことがとても重要です。

また、サブリース契約という、不動産が一括で借り上げることにより、一定の家賃保証が得られる契約もあるため、有効に活用しましょう。

3.サラリーマンが不動産投資で成功するコツ

ⅰ、投資を行う地域をしっかり選定する

 

サラリーマンが不動産投資を行う際は、まず人口が密集している地域で地価の高いところを狙うようにしましょう。

 

理由は、賃貸物件の需要としては、「値段が高くて買うには手が出ないが、借りることならなんとか可能」という地域が最も発生しやすいためです。

 

ⅱ、自己資金を準備してから始める

 

サラリーマンが不動産投資手を始める場合は、自己資金をできるだけ準備してから、開始することが望ましいです。

 

なぜなら、全て借入で不動産投資を行うと、収入に対する返済比率が上昇してしまうため、家賃収入が下がると、利益が少なくなるだけでなく、場合によっては赤字となります。

 

損益通算で節税できるとはいえ、あまりにも赤字の額が大きいと日頃の生活にも支障がでる可能性があります。

 

このため、物件価格の半分は自己資金で準備してから開始するのが望ましいでしょう。

 

ⅲ、出口戦略を考える

 

出口戦略とは、購入した不動産を将来どうするかという戦略です。

例えば、家賃収入を得て将来の年金対策に使いゆくゆくは相続をする、もしくは売却できるタイミングがあれば、積極的に売却益(キャピタルゲイン)を狙いにいく、などが考えられます。

 

もし、サラリーマンが本業に時間を割きながら、将来のことも考えつつ、不動産投資を行うのが難しいという場合は、専門家に相談した上で、行うと良いでしょう。

4.まとめ

このようにサラリーマンが行う不動産投資には、様々なメリットとデメリットがあるため、しっかり把握した上で行うことが重要です。

 

サラリーマンは、融資を行う金融機関から見ても、信用度の高い職業ですので、サラリーマンは不動産投資を開始しやすい反面、全て資金を借り入れて不動産投資を行うとリスクも高まりますので、注意が必要です。

 

不動産投資はうまく活用すれば有効な投資手段となりますが、どこから手を付けたら良いかわからないという方もいらっしゃると思います。

 

そこで、弊社のメルマガでは、不動産投資に関するノウハウもお伝えしていきます。

不動産投資をご検討中の方は、以下のフォームからご登録をよろしくお願いします。

 

 

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジン登録

おすすめの記事