オーナーチェンジ物件をご存知でしょうか?実はこのオーナーチェンジ物件は不動産投資初心者にとってまさにピッタリの物件なのです!今回はオーナーチェンジ物件がなぜ不動産投資初心者向けの物件なのかをご説明していきたいと思います。

 

1 オーナーチェンジ物件とは?

オーナーチェンジ物件とは、現在入居している賃借人はそのままで、物件の所有者(オーナー)だけがチェンジする物件のことです。このためオーナーチェンジ物件では旧オーナーと賃借人との契約はそのまま維持されることになります。

2 オーナーチェンジ物件が不動産投資初心者向け物件の理由

ここではなぜオーナーチェンジ物件が不動産投資初心者向けの物件であるのかを詳しく解説していきたいと思います。

 

① オーナーチェンジ物件なら、新規で入居者を募集する必要がない

オーナーチェンジ物件の場合、物件の所有権が旧オーナーから新オーナーに移動するだけですので、新オーナーは入居者ごと物件を入手することができます。ですから、自分で入居者を募集する手間がありません。

② 物件購入=即家賃収入を得ることができる

オーナーチェンジ物件では入居者ごと物件を入手することができますので、物件を購入すると同時に家賃収入をゲットすることができます。ですから家賃収入の一部をすぐにローンの支払いに充当することができるため、ローンの二重払いのリスクがほぼない優良物件であるといえます。

③ 物件購入の前に不動産収入が計算することができる

オーナーチェンジ物件は物件の賃料が決まっているため、購入前に不動産物件投資の利回りを正確に計算することができます。ですから不動産投資初心者でも安心して物件を購入することが可能です。

④ 銀行の融資がおりやすい

オーナーチェンジ物件は入居者の家賃収入が決まっているため、金融機関でも不動産投資の収支が判別しやすいというメリットがあります。このため、不動産投資ローンがおりやすいというメリットもあります。

⑥ 通常の物件より割安で入手することができる

オーナーチェンジ物件は旧オーナーの権利・義務を引き継ぐことになるため、通常オーナーが持っている権利が一部制限されることになります。そのため通常の物件よりも安く入手することができるケースが多くなっています。

⑦ 不動産投資のお手本をゲットすることができる

オーナーチェンジ物件は旧オーナーの権利関係をすべて引き継ぐことになります。そのため賃料の設定や入居者との細かい契約の取り決めなど、不動産投資における「リアル」なお手本をすべて入手することができるのです。このためオーナーチェンジ物件は不動産投資初心者にピッタリの物件だといえます。

3 オーナーチェンジ物件購入の注意点

不動産投資初心者にとって魅力満載のオーナーチェンジ物件ですが、当然デメリットも存在します。ここでオーナーチェンジ物件購入の際の注意点をご紹介していきたいと思います。

① 内覧できない

オーナーチェンジ物件は入居者が物件に居住しているため、実際に物件を内覧することができません。ですから、ふたを開けてみたら「驚き」の瑕疵が存在している可能性もあります。

 

② 入居者を選べない

オーナーチェンジ物件では入居者をそのまま引き継ぐことになるため、自分で入居者を選ぶことができません。しかし権利が一部制限される(入居者を選べない)ため、安く物件を購入できることが一般的です。

 

③ さくらに注意

一部の悪徳不動産業者が物件を高く売却するために、さくらに高額な家賃で入居させ物件価格のつり上げ工作を図るケースがあります。ですから、家賃相場をしっかりと確認してから、購入を検討するようにしましょう。

今回はオーナーチェンジ物件がなぜ不動産投資初心者向けの物件なのかをご説明してきました。物件購入前に不動産物件からの収益を計算することができるオーナーチェンジ物件はまさに不動産投資初心者向けの物件といえます。リスクを抑えた投資が可能なオーナーチェンジ物件で不動産投資デビューをしてみませんか。

Follow me!

おすすめの記事