はじめに

最近、将来のために不労所得を得たい、相続税対策をしたい…など、さまざまな理由から不動産投資をお考えの方が急増中です。

ただ、不動産投資を行う場合物件選びが重要になってくることは間違いありません。

さまざまな物件がある中、どういった基準で不動産投資物件を選べばいいのか分からない方のために物件の選び方についていくつかお教えしたいと思います。

不動産投資物件の選び方

・自分が住みたい視点で物件を選ばない

不動産投資物件を選ぶ場合、つい自分の住みたい物件を選びがちですが、重要なことはそういう視点で物件を選ばないということ。

その部屋に住むターゲットになる人の視点で物件選びをすることが重要です。

たとえば、ターゲットが単身者用のワンルームマンションを選ぶ場合に公園が近いとか、角部屋であることなどは重要視されません。

単身者が住む部屋に求めることは手ごろな家賃、駅から近い…などです。

日当たりがよくても日中は不在なので、あまり重要視されない条件です。

いっぽうで、ターゲットが家族向けの物件の場合、駅から多少遠くても環境がよかったり、どの学区か日当たりがいいか…などが条件として挙がってくるでしょう。

つまり、ターゲットをどんな層にするかによってどういった基準で選ぶかが変わってくるため、ご自分が住みたい物件を選んでも意味がないのです。

 

・高利回りが期待できそうか

不動産投資は当然投資である以上収益性が重視され、利回りが大きいことが判断基準になることは間違いなさそうです。

基本的に物件の販売図面に書かれている利回りは表面利回りのことが多いので、実際にどのくらいの利回りになるかは物件の管理費や税金などの経費を差し引いた実質利回りで考える必要があります。

 

・利便性が高いかどうか

不動産投資の物件選びを行う場合、利便性の高い物件を選ぶことが大切です。

たとえば、駅から徒歩10分以内の物件を選ぶと希少価値が高いため、競争相手が少ないはずです。

また、スーパーやコンビニ、病院、銀行など日常生活に必要不可欠な施設などについても、物件からどのくらいの距離にあるのかチェックしておきましょう。

それらの施設が駅から物件の間にあるかどうかが重要なポイント。

さらに、家族向けの物件の場合、学校や公園、小児科などが近くにあるとかなりポイントが高いです。

 

・管理会社のメンテナンスが行き届いている

投資した物件が空き室にならないようにするには管理会社のメンテナンスが行き届いているかどうかが重要です。

最近、不動産管理会社選びを誤ってしまい、修繕積立金が不足しマンションのスラム化が進んでいることが問題になっています。

中古マンションでも立地条件がいい物件だと暴力団が入居したり、風俗業者が無許可で営業したりなど、管理が行き届かずスラム化する…ということが増えています。

また、管理会社に何か依頼してもなかなか連絡がなかったり、マンションのエントランス周辺にチラシが散乱している…など、入居したいとは思えないような物件だと、不動産投資向きの物件だとは言えないです。

つまり、新築かどうかも大切なポイントですが、購入後も管理を安心して任せられる物件かどうかを見極めることが重要です。

そのため、不動産投資用物件を内覧する際、必ず共有スペースやエントランス、周辺の掃除が行き届いているかどうかをチェックしましょう。

さらに、管理人がいるかどうかもポイント。

管理人が週に何回か巡回するのか、日中常駐しているのか…などもチェックしておきましょう。

中にはマンションが建てられた当初は管理人がいたのに、管理費が不足してしまい管理人が雇えなくなった…という場合もあるようです。

まとめ

不動産投資を行う場合の物件の選び方についてご紹介しました。

これから不動産投資を行おうと検討されている方はぜひご参考になさっていただければと思います。

みなさんの不動産投資の物件選びのお役に立てれば幸いです!

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジンとは?

  • このまま今の会社で働き続けることが出来るのだろうか?
    • この仕事をしていて家族を養っていけるのだろうか?
    • 上司を見ても幸せとは思えない、自分もああなるのだろうか?
    • 2万円の手当ての為に睡眠時間とプライベートを削って資格取得の勉強をするか迷っている
    • 生活する為に仕事を続けているが、そもそも幸せってなんだろう?
    ひとつでも当てはまる方は、必ず新しい扉が開けるメールマガジンです。 無料メールマガジンに登録する方はこちら      
    おすすめの記事