20代から始めよう!簡単貯蓄術!

はじめに

みなさんはどのような方法で貯蓄していますか?

将来もし、結婚や出産、子育などを予定している場合、若いうちにしっかり貯蓄術を学んでおかないと後になって後悔することになるかも。

そうならないためにも、20代のまだ若いうちに貯蓄術を身につけておきたいものです。

ここでは20代のうちに身につけておいていただきたい簡単貯蓄術をお教えします!

貯蓄術を学ぶ前に

貯蓄術を学ぶ前にやっておきたいのが固定費の見直し。

毎日10円単位で食費を節約するのではなく、毎月かかる固定費を見直しましょう。

 

・家賃

みなさんの中には一人暮らしをしてらっしゃる方も多いでしょうが、どのくらいの家賃が妥当なのでしょう。

実際のところ、家賃は手取り収入の3割までに抑えておきたいところで、理想は2割程度だと言われています。

つまり、手取り収入が20万円だと4万円ということになります。

都心だと4万円の物件を探すのは難しいでしょうが、利便性が高く車を必要としないので6万円くらいを上限としてもよさそうです。

 

・通信費

若い人はSNSなどで他の人とつながりを持っていたいという気持ちが強いため、スマホやタブレット代などの通信費がかかりがちです。

最近では格安スマホ会社も増えているため、安いキャリア変更することも必要です。

 

・生命保険料

まだ20代の方なら、医療保険にも加入されていない方が多いいっぽう、老後への不安が高く保険への関心が高い人も多いです。

ですが、まだ20代の間であれば、生命保険に加入しておかなくてもいいでしょう。

保険に入れば安心ですが、毎月の保険料の負担が大きすぎて生活が圧迫される…という事態になりかねません。

若い間はもしもの時に備え、加入するとしても入院費などを賄える医療保険程度でかまいません。

ましてや独身の方なら誰かに財産を残す必要もないので、死亡保障はお葬式代程度でいいでしょう。

20代の方におすすめの保険としては掛け捨てタイプの月々2~3千円程度の保険に加入するのがおすすめ。

掛け捨てだと損なのでは?と思われるかもしれませんが、普通に貯蓄した方が利率が高いことが多いので、しっかりと内容を把握して選びましょう。

20~30代の貯蓄の目標額

若い頃から目標を持って貯蓄していくことは大切ですが、目標がな

い場合年収の1割程度貯蓄することから始めましょう。

ある有名な資産家の言葉によれば、年収の25パーセントを貯蓄に回せれば生涯お金に困らないそうですよ?

ボーナスがもらえる人なら、ボーナスの25パーセントを貯蓄していただきたいです。

全額貯蓄に回したいところですが、せっかく頑張ってもらったボーナスなので一部は好きに使い、残りを貯めるという意識を持つようにすればストレスなく貯蓄することができるはずです。

20~30代におすすめ簡単貯蓄術

さて、実際にどうすれば20~30代の若い方が簡単に貯蓄できるのかと言うと、毎月の収入のうち残ったお金を貯蓄する…というのではいつになっても貯蓄することはできません。

お給料が出たらまず貯蓄する分を別口座に移すなどし、先に貯金してしまいましょう。

ただ、目標の金額を設定しておかないと続けられないので、まず30万円…という具合に目標額を決めておき、達成すればさらに金額を上げていきます。

最初から500万円などと決めてしまうとハードルが高くて続かないので、最初は低い金額からスタートすることが大切です。

よく、お金がお金を呼ぶなどという言葉を聞きますが、貯蓄額が増えてくると貯蓄するのが楽しくなっていき趣味のようになってくるもの。

つまり、楽しみながら貯蓄することが継続するコツだということですね。

最初の目標額を30万円程度に設定すれば、そこまで負担に感じずに貯蓄できそうですよね?

まとめ

20代から始められる簡単貯蓄術をお教えしました。

まずは固定費を抑え、給料が入ったら先にいくらかを貯蓄に回す、貯蓄目標額は最初は低く…。

意外と簡単だと思いませんか?

若いうちから貯蓄するくせをつけておけば、将来結婚や出産するとなっても安心です。

ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!

 

Follow me!

おすすめの記事