前項のコラム*で必要最低限の老後の生活費は夫婦世帯で24万円であることをご紹介しました。今回はゆとりのある老後生活を送るためにはどのくらいの生活費が必要なのかを、公的調査などを調査・分析し考察していきたいと思います。

*参考 少子高齢化時代の到来!年金はいくらもらえるのか?

1 ゆとりのある老後に必要な生活費とは?

*参考:公益財団法人 生命保険文化センターHP「ゆとりある老後生活費」

http://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

 

上記は公益財団法人 生命保険文化センターが公表した「ゆとりある老後生活費」に関する調査結果です。最新の平成28年の調査結果で「ゆとりある老後生活費」は34.9万円になっています。表から年々「ゆとりある老後生活費」の金額は減少傾向になっていることも分かります。

 

2 老後のゆとりのための上乗せ額の使途は?

*参考:公益財団法人 生命保険文化センターHP「老後のゆとりのための上乗せ額の使途」

http://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

 

上記は公益財団法人 生命保険文化センターの「老後のゆとりのための上乗せ額の使途」に関する調査結果です。

最多分布帯は旅行やレジャーの60.6%となっており、リタイヤ後は現役時代にはなかなか休みをとることが難しくいくことができなかった旅行などに出かけたいという層が多いことが分かります。

特筆すべきは耐久消費財の買い替えと子供や孫への資金援助が調査開始から急上昇している点です。現在は耐久消費財も多様化して、利用期間が短くなっていることから昔はあまり関心がなかった耐久消費財の買い替えを予算として一定額留保している層が増加していることが分かります。

調査結果から老後の「ゆとり」として旅行を楽しみつつ、自分の生活環境を整え、子どもや孫とかかわりを持ちながら生活していきたいと考える層が多いことが分かります。

 

3 ゆとりある老後を送るために必要な老後資金は?

公益財団法人 生命保険文化センターの調査結果から必要最低限の老後の生活費は夫婦世帯で24万円、ゆとりある老後を送るために必要な老後生活費は34.9万円であることが分かりました。必要最低限の老後の生活費は公的年金で賄うことができますが、差額分のおよそ11万円は公的年金外で補充しなければなりません。ここではゆとりのある老後を送るために必要な老後資金はいくらなのかを考えていきたいと思います。

 

(例)65歳定年、90歳まで存命の場合

 

11万円×12か月×25年間=3,300万円

 

夫婦世帯で3,300万円の老後資金が必要になります。

 

4 ゆとりある老後を送るために必要な老後資金の貯蓄方法

ゆとりある老後を送るためには40代から貯蓄をしていく必要があります。また60歳~65歳の間は再雇用制度を採用している企業が多数派であり、貯蓄をする余裕はない可能性が高くなっています。ですから実質的に老後資金は40歳~60歳の20年で貯蓄していくことになります。

 

① 40歳~50歳は教育費に優先順位を充てる

40歳~50歳は子供が大学進学などで一番教育費がかかる世代です。資金の優先順位として教育費を優先しましょう。

しかし3,300万円もの老後資金を貯蓄しなければいけませんので、毎月50,000orボーナスは全額貯蓄に回すなどすこしでも貯蓄をしていきましょう。

参考:金融庁HP「資産運用シミュレーション」

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

 

・つみたて月額 50,000

・運用期間 10

・運用年率 3%

・元本 600万円

・運用収益 98.7万円

・受取金額合計 6,987,071

 

年利3%はドルの金利です。ですからドル建ての保険を活用して保険料を節約しながら貯蓄に回しても良いと思います。

 

① 50歳~60歳は全力で老後資金の貯蓄をする

50歳~60歳は子供の教育費も一段落し、全力で老後資金の貯蓄をする絶好の世代です。最低でも月額15万円は貯蓄をしていきましょう。

 

参考:金融庁HP「資産運用シミュレーション」

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

 

・つみたて月額 150,000

・運用期間 10

・運用年率 3%

・元本 1,800万円

・運用収益 296.1万円

・受取金額合計 20,961,213

 

同時並行して40代で貯蓄した700万円を再投資に回していきましょう。

 

参考:野村証券HP「みらい電卓」

https://www.nomura.co.jp/learn/simulation/unyou.html

 

これは老後に必要な資金から逆算したシュミレーション結果です。およそ7%以上で資金を運用していく必要があります。外貨・投資信託・株式・不動産投資など少しリスクをとって分散投資をしていく必要があることが分かります。

 

今回はゆとりある老後のための生活費はいくらなのかを考えてきました。ゆとりある老後を迎えるためには、公的年金だけでは生活を賄うことができません。積極的に投資などを活用して、資産を運用していきましょう。

 

 

Follow me!

「誰でも出来る永続的資産構築術」メールマガジン登録

おすすめの記事